社員インタビュー

小林 圭太

ネットビジネス部 プロモーショングループ マネージャー



興味のある業界で、裁量をもって働きたい。


-前職ではどんなお仕事をされていたんですか?

新卒として入社した家電量販店で販売員として働いていました。もちろん就職活動のときにはウェイブのようなエンターテインメント事業の企業も受けてました。しかし、いわゆる就職氷河期で経営基盤の安定した大手企業で働きたいと考えていたことやシンプルにその家電量販店が好きだったこと、自由度が高い働き方ができるという説明があったことなどを複合的に考えて就職先を決めました。


-どうしてウェイブに転職したのですか?

前職で働いていく中で、より興味関心度合いの高い業界に携わりたい、もっと裁量をもって仕事をしたいと思うようになったんです。そんな時、転職サイトで見つけたのがウェイブでした。マンガ、アニメなどエンターテインメントに関われて新しいことにチャレンジできる風土がある、そんなウェイブは魅力的に映りました。最後は、代表の関口と面接で意気投合したことが決め手でしたね。


-関口とはどんな話をしたんですか?

これからやってみたい新規事業の話で盛り上がりました。その場で「こうしたらどうですか?」とか「こういうのもおもしろいですよね!」と楽しくお話できたのが印象的でした。ともすればバカげた話にも真摯に考察してくれて、可能性を狭めず、ざっくばらんに提案しながら仕事ができるんだと感じました。入社後に私が新規事業として提案、採用された事業があったのですが、その時も論理立てて話したら、きちんと採用してもらえて。今も可能性を狭めず、ざっくばらんに提案しながら仕事ができるという印象はかわらないですね。


成果がダイレクトにわかるところがやりがい。


-プロモーショングループはどういった部署ですか?

ウェイブが運営するComicFestaやCoolmicなどのWEBサービスや、様々な新規サービスなどのプロモーションを実施する部署です。具体的には、国内外のSNSやWEB媒体など主要な媒体への広告出稿や、それにより集められるデータ分析が主の業務です。時にはテレビCMの出稿やYoutuberとのコラボを実施することもあります。サービスはお客様がいなければ成立しません。そのお客様を利用していただくためのプロモーションは、売上に大きな影響を及ぼすため、責任は重大だと考えています。


-Coolmicは、海外市場でのプロモーションですよね

そうですね。海外市場は国内と反応が違うところもあっておもしろいですね。例えばSNSへの広告です。SNSの広告には、コメントを付けることができるんですが、このコメントの付き方が国内と海外では全然違うんです。海外でSNS広告には結構コメントが付きます。ダイレクトメッセージなんかで問い合わせをいただくこともありますね。SNSなんかで直接ご連絡いただけるというのは日本とは全然違います。


-ダイレクトにそういったものが見られるのはいいですね。

ダイレクトにすぐにわかるというのはこの業務ならではのところかもしれません。コメントだけではなく、取り組みなどの成果も数字としてすぐにわかります。特にWEBの運用型広告では顕著で、ひとつの取り組み、閃きが大きな成果としてすぐに返ってくることもあります。チームの取り組みが1つの成果になる。またその成果がすぐにわかるところはこの業務のやりがいですね。


裁量をもって挑戦していく。


-チームとして大事にしている価値観などはありますか?

メンバーの裁量や発言権を重んじて、責任感を持って業務に取り組めるように心がけています。タスクを与えるときにも最終的なゴールは提示しますが、やり方は問わないようにしていますね。またプロモーションは一人でパソコンに向かってする仕事がどうしても多くなってしまうので、メンバー間のコミュニケーションを多くするようにしています。それぞれが裁量をもって担当した業務で得た知見や、経験がチーム内に共有されて担当領域外でも成果があがることを期待しています。


-部署として今どんなことにチャレンジしていますか?

プロモーショングループは、WEBサービスのプロモーションを中心に行ってきましたが、新規事業がいろいろと始まってWEBサービスのプロモーションとはまた違った取り組みを求められています。『ベジベジベジベジ・ベジタブル!』の絵本事業や、ARギフト『okucoco』の事業はまさにそういった事業です。どうやったらお客様に手に取っていただけるのか、使っていただけるのか、よくイメージしながらプロモーションを考えています。これまで培ってきたWEBサービスプロモーションのノウハウがいかせるところもありますし、そうではない部分もあります。未知の分野でのプロモーションになりますが、その点まだまだ可能性があって面白い。私もそうですし、メンバーも新しい挑戦を楽しんでいると思います。成功させて、新規事業を盛り上げるとともに携わったメンバーひとり一人が大きく成長できればいいですね。