社員インタビュー

小飼 駿介

ネットビジネス部 Coolmicグループ マネージャー



なんにでも挑戦できる、裁量をもって挑戦できる


-前職ではどんな仕事をされていたんですか?

前職では全国チェーンのアミューズメント施設で接客スタッフとして働いていました。海外にも店舗を出店しており、海外で働いたり海外に携わる仕事をしたいと思ったのが入社の理由です。


-海外には入社前から興味があったんですね。

漠然と海外、とくにアメリカへのあこがれは中学生の時にはもうありました。高校も海外研修がある学校を選んで入学、その後アメリカの大学に進学しました。いざ高校で進路を決める際に、自分が何を勉強したいのかまだ明確でなかったので、勉強したいことを探すには日本よりも専門分野を変えやすくて元々あこがれを感じていたアメリカの大学がいいなぁと思ったんです。


-海外に携われる仕事として選ばれた前職からなぜ転職したんですか?

前職では海外に携わる仕事をするチャンスが少ないことがわかったことや、大企業ならではの裁量の少ない働き方にも思うところがあって転職を考えました。ウェイブの採用を受けて「なんにでも挑戦できる、裁量をもって挑戦できる会社」だと思って入社を決めました。自分はWebサービスの経験が全く無く、しかも『Coolmic』はまだ構想段階で新規事業としての立ち上げフェーズだったので、未知への挑戦ばかりでした。  


Coolmicグループならでは


-『Coolmic』について教えてください。

ウェイブはオリジナル電子コミックの出版をしていて、オリジナル作品をたくさん持っているのが強みです。この強みを生かしてオリジナル作品を翻訳、英語圏・フランス語圏に配信しているのが『Coolmic』です。国内のサービスとしては比較的早めに海外の商圏にチャレンジしたのではないかと思います。


-商圏が海外ですが、“ならでは”というところはありますか?


海外向けのWebサービスならではのところは「シンプルさ」です。日本国内向けのWebサービスではサイト内が賑やかでたくさんのコンテンツを見ることができるようになっていると思います。というのも日本のお客様はたくさん表示されるオススメのコンテンツから気になったものを読む傾向があるんです。海外の場合だとお客様がニーズに合った情報にたどりつきやすい構造が好まれます。ですからサイトの構造、ユーザーインタフェースの部分は商圏に合わせてシンプルに作り込んでいます。


-Coolmicグループならではの知見ですね。

そうですね。Coolmicグループは商圏だけでなく、チームメンバーに外国人が多いのも他のグループとは違う“ならでは”のところです。彼らは、日本人にはない自由な発想があって突拍子もないアイデアを提案してくれることもあります。そういったところから新しいビジネスチャンスが生まれると考えていますので、アイデアを提案しやすい環境づくりは心がけていますね。多国籍のメンバー(現在5か国)のマネージメントは難しいところもありますが、貴重な体験ができるやりがいのある仕事でもあります。


現状維持は衰退の始まり


-チームとして大事にしていることはありますか。

「現状維持は衰退の始まり、常に今できる最善を目指し努力し続ける」という考え方を大事にしています。状況は常に変化するので100点の状態が続くことはありえないという危機感を持ち、現状に満足せず常に改善し続けなくてはいけないという考え方です。これはサービスやお客様に提供するものだけでなく、例えば面倒くさいと思っている業務があったら自動化していこう!といったようにあらゆるの業務についてもこの意識を持つようにしています。また、チームメンバーにはこの考えの下、担当している業務が異なっても、チームとして当事者意識を持って改善に臨んでいって欲しいと思います。


-最後に今後の目標について教えてください。

サービスが開始して1年半が経ち、はじめは英語圏向けだったサービスもフランス語圏に向けて提供できるようになりました。今後はこの調子で更に色々な国、言語圏に進出して行きたいと考えています。 また『Coolmic』オリジナル作品として海外発のコミックの制作・配信も始めています。今までは日本の作品を海外で配信してきましたが海外で人気になった『Coolmic』オリジナル作品を日本に逆輸入して配信してみたいと考えています。