社員インタビュー

エンジニア職 S

2017年新卒入社

システム開発部



自分が頑張れる環境で、新しいことに挑戦したい


-学生時代はどんなことをしていたのですか。

教育とITに興味があり、大学では電子工作分野で知育玩具の開発をしていました。プログラミング教育の玩具を作り、実際に幼稚園で子供たちに遊んでもらい、改良していくといったことに取り組んでいました。



-就活はどういった軸で進めていたのですか。

就活の軸は「ものづくりがしたい」ことが第一にありました。IT系から農園、洋服作りなど本当に幅広く見ていました。


-かなり幅広い業界を見ていたんですね。どのような観点で企業を絞り込んでいったのですか。

会社選びの基準にしたのは「社風」と「新しいことへの挑戦」でした。社風を重視したのは、所属していた研究室の環境が良かったことが影響しています。話しやすい人が多くて人間関係のストレスが無く、みんなで頑張るという雰囲気が強い研究室でした。そこで自分もすごく研究に熱中できて楽しかったんです。その経験から、環境って大事な要素だな、自分が頑張れる環境で働きたいと考えるようになりました。


ウェイブは選考を通じて出会った人たちが皆話しやすく、社員交流のイベントが活発で、すぐに馴染めそうだなと感じられました。


-どのような環境で働くかは大事ですよね。もう一つの基準の「新しいことへの挑戦」はどう考えていたのですか。

研究でも新しいプロダクトの開発をしており、既存の何かを改善するだけでなく、ゼロベースで新しいことを作り上げていく方が、自分は純粋に楽しめそうだなと感じていました。


ウェイブは説明会や面接を通じて、どんどん新しいサービスの開発に挑戦していること、制度としても新規事業提案の仕組みがあることを知り、ここでなら本当に新しいことに挑戦できて楽しそう!成長が出来そう!と感じました。


また新しい挑戦をするにあたり、自社開発の方が風通しよく自由に意見が言え、自分のアイデアを実現していきやすいだろうと思ったことも、入社動機のひとつでした。


-かなりしっかりと企業の特徴をつかんで、入社を決めたんですね。 入社後はどんなことをしていたのですか。

まずは開発の研修です。一応情報系の学部出身でしたが、ばりばりコードを書くのではなく玩具作りの方がメインだったので、プログラミングよりもはんだ付けの方が得意な状態でした。Rubyに至っては触ったことも無く、知識がほぼ0でした。


-webサービスの開発も使用言語もほぼ未経験だったんですね。

そうなんですよ。そんな状態からスタートでしたが、社内・社外の研修を組み合わせて行うことにより、業務にアサインされるまでに土台作りは出来たように思います。


まずはOJT担当の先輩のサポートを受けながら、Ruby on Railsのチュートリアルを進め、このフレームワークでどんなことができるのかを学んでいきました。その過程で簡単なアプリケーションを作り、インフラの構築もして実際にアプリを動かすといった経験を積んでいきました。その後も社内向けのツールの開発を通じて、スケジューリングから要件定義、開発までの一連の流れを経験したりと、半年間程修行をしていました。






1年目から、海外向けの新規事業立ち上げにアサイン


-みっちり学びの期間があるんですね。研修期間終了後、どんな仕事をしたのですか。

私は1年目から、海外向けの新規事業(Coolmicという英語圏向け電子コミックの配信サイト)立ち上げにアサインさせてもらえました。配属を伝えられた時は自分でいいのかという驚きや戸惑いはありましたが、新しいことに挑戦したいと思っていたので、これはまたとない機会だ、頑張らなければと感じました。


-新卒でほぼスキルのない状態で、新規事業にアサインされるとは驚きですね。

本当にそうですよね。実務が始ってからは、目の前の壁を超えることに必死な日々でした。後々聞くとマネージャーがうまく自分が経験すべきステップを整理してくれていたらしく、本当に自分の成長を日々実感しながら無事サービスをリリースすることができました。


-大変だけどいい経験だったんですね。

1年目に新しいサービスの立ち上がりからリリースまで一連の流れを経験できたことは、サービス開発の全体像を知る上で本当に良かったと思います。また重要な領域を任せてもらえるのも、開発者としてのやりがいが感じられた部分でした。


-どんな領域だったのですか。

クレジットカードとは別の新しい決済機能の実装を担当しました。外部サービスとのリンクが必要であったり、ドキュメントが英語しかなかったりと自分には難易度が高い案件でした。とにかくあの手この手でやり抜く努力をして、苦労の末に実際に機能が実装されたときの達成感は格別でした。そして自分が作った機能がサービスの売上に貢献していたり、ユーザーの役に立っていることがわかってとても嬉しくなりました!なかなか入社1年目で、新規事業の立ち上げに携われることはないと思いますので、本当に良い体験をしたなと思っています。


-今後挑戦していきたいことはありますか。

新しいサービスの立ち上げを今後もやっていきたいです。大学で知育玩具の研究をしていたことを活かして、当社でもIT×教育の領域で会社の柱となる事業を作りたいと思っています!目先のことで言うと、元々英語は苦手でしたがせっかく今回の案件で英語にふれる機会があったためこれからも英語の勉強は続けようと思います。エンジニアとしての成長のためにも英語のドキュメントが読めることは必須だと痛感したので、Google翻訳に頼らずやっていけるようになりたいです。

一日の流れ

  • 9:30

    出社。メール、タスクチェック

  • 10:00

    コーディング

  • 12:00

    コードレビュー

  • 13:00

    昼食。同僚と任天堂Switchなどのゲームをして楽しみます。

  • 14:00

    コーディング

  • 15:00

    仕様共有MT。毎週、企画チームと追加機能の実装優先順位をすり合わせます!

  • 17:00

    勉強会。月に1回、システム開発部内で勉強会を行ってます!

  • 20:00

    退社。日によっては、カラオケ、ダーツ、飲み会などに行きます!