社員インタビュー

エンジニア職 W

2014年新卒入社

システム開発部



入社1年目から、エンジニアとして自立するためのスキルが磨かれた


-ウェイブへ入社した理由を教えてください。

大学時代は情報系の学部で経路探索アルゴリズムについて研究しており、エンジニアになろうと考えていました。ウェイブを選んだ理由は、まずエンジニアとしての強みを身に付け成長できると思ったことです。電子書籍という、新しく発展可能性の高い分野で経験を積めるのは貴重だと考えました。


-新しい領域での経験を積もうと思ったんですね。

はい。もう一つの理由は、経営理念で「定年までずっと成長し続けよう」という成長を中心に置いたメッセ―ジを明確に打ち出しつつ、ワークライフバランスも配慮されている点です。家庭生活など人生は仕事以外の要素も含めて構成されていると考えており、仕事だけが全てという状態になってしまうのは避けたく思っていました。その点ウェイブは仕事上の挑戦と、仕事以外の要素のバランスが取れそうだと思い、入社を決めました。


-入社後はどんな経験をしてきたのですか。

実は入社理由に挙げた電子書籍っぽいことはそんなにしていないんですね(笑)しかしエンジニアとしての成長を考えた時、着実にステップアップしていける仕事を任せてもらえてきたなと思っています。


-具体的にはどんなステップアップだったのですか。

入社1年目は、採用サイトや作家さん向けのレポートサイトの制作に取り組みました。規模は小さいながら、フルスタックで一つのサービスを作る経験が積めたのは非常に良かったです。その後Chefというサーバー設定ツールの導入に取り組んだのもいい経験でした。インフラ関連の深い知識の習得にもつながりましたし、体系的な情報が無い新しい技術のため、自分で情報を集め作業プロセスを組み立てていく必要がありました。この一連の経験を通じてエンジニアとして自立するためのスキルが磨かれました。


-入社1年目から幅広い領域のスキルを磨いてきたんですね。

入社2年目にはゲームアプリ開発のプロジェクトリーダーを担当しました。入社4年目の時にマネージャーになって、電子書籍販売サイトComicFestaのシステム全面リニューアルプロジェクトリーダーをやったりと、今はマネジメントの比重も大きくなっています。

そのため、技術的なことの追及だけでなく、プロセスマネジメントやチーム運営の方法なども、日々本を読んで学習・実践しながら挑戦しているところです。






物事が無駄なくストレスなくスムーズに進行
している状態を生み出したい


-これまでいろいろな業務に取り組んでいますが、仕事のモチベーションはどこにあるのですか。

ラリー・ウォールという世界的に有名なエンジニアが定義した「エンジニアの三大美徳」の一つに「怠慢」というのがあります。


-美徳の話なのに「怠慢」ですか。

はい、一見マイナスな言葉なのですが、要するに、全体の労力を減らし効率的に物事をこなすための手間を惜しまない気質のことを指します。自分はこれを追求するのが好きでして、その過程で課題解決に取り組んでいくのが楽しいですね。

例えば、プロセス全体を見てトラブルになりそうところがあれば事前に手を入れ遅延を防止したり、効率的な開発体制のための仕組みを整備したりといったことですね。その結果、全体として物事が無駄なくストレスなくスムーズに進行している状態を生み出せると、非常に気持ちいいですね。


-エンジニアマネージャーとして大事な気質ですね。

もう一つのモチベーション要素はユーザーからの声です。自分は技術そのものを追求するというよりは、何らかの価値を生み出すために技術があるというサービス寄りの発想を持っています。自分が開発したもので、世の中の人が喜んでくれたり便利になったと言ってくれるのは、とても励みになります。


-今後挑戦していきたいことはありますか。

去年からマネージャーになって、経営的な視点も持たなければいけないと感じ始めました。 きっかけとしては、会社の研修制度の一環として、経営大学院の人材マネジメント講座に通ったことが挙げられます。会社の経営戦略に基づいて様々な施策を落とし込んでいくという発想を学び、エンジニアとしても組織全体の発展という視野は持たなければいけないと感じました。


-視点が大きく広がったんですね。

はい、一つのサービスをグロースさせるだけでなく、会社全体が今どういう状況であり、どうあるべきなのかということにも視野が広がったので、この大きな課題の解決に取り組んでいきたいです。技術者としては、会社の成長を導くプロダクトを開発し、それが誰もが使うサービスになり、ユーザーが心から喜んでくれるというのが理想ですね。






自分たちの手でサービスをつくり、より良いものに仕上げていくという実感が大きい


-最後にウェイブの開発部全体の話とし、何か特徴を感じることはありますか。

一つはサービスへの関わりですね。新規事業を企画する段階で社長や企画担当者とのブレストミーティングにエンジニアも参加して、作ってみたいサービスについて自由な意見を出す事ができます。


もう一つはフルスタックという開発スタイルです、実際の開発フェーズになると、基本的にはどのサービスもエンジニア数名という小規模なチームで開発を担当するので、要件定義、設計、運用とすべてのフェーズに一貫して携わる事ができます。技術面から言えば、サーバーなどインフラからバックエンド、さらにはアプリのフロントエンドまで幅広く携われます。


-エンジニアとしてサービス企画からあらゆる開発工程の経験を積むことができるんですね。

はい。自分たちの手でサービスをつくり、より良いものに仕上げていくという実感が大きいので、エンジニアとしてはチャレンジしがいのある開発環境です。必要に応じて積極的に新しい技術も取り入れていく風土もあるため、多様な先端技術を吸収できる環境があるのもいいところですね。

一日の流れ

  • 9:30

    始業

  • 9:45

    朝会。チームメンバーそれぞれの進捗状況を共有

  • 10:00

    コーディング。割り振られているタスクに着手

  • 12:00

    週次開発タスク計画MT。週ごとにチームでどのタスクを実行していくか決める

  • 13:00

    昼食。カードゲームで熱い戦いをする。

  • 14:00

    コードレビュー。機能リリース前のコードの確認

  • 15:00

    コーディング。午前中の続き

  • 17:00

    勉強会。月1でシステム開発メンバーが持ち回りで発表

  • 18:30

    コーディング。きりの良いところまで

  • 20:00

    退社